愛着を持って使おう!バイカーズウォレットの手入れが重要なワケ

愛着を持って使おう!バイカーズウォレットの手入れが重要なワケ

財布

革製品のメンテナンスは大事!

バイカーズウォレットにも使われている革は、使えば使うほど味が出て、どんどん魅力的なものになっていきます。しかし、革製品は基本的に丈夫なのですが、だからといってメンテナンスを怠ると寿命が短くなってしまいます。たとえば、革製品は水分に弱いです。水分を含んだまま放置してしまうと、シミになってしまったり、変形したりします。また、その革の種類よってメンテナンスの仕方が少々違ったりします。ですから、革でできたお気に入りのウォレットを使い続けるためには、正しいメンテナンスの仕方を知っておく必要があります。

メンテナンスの注意点

バイカーズウォレットなど、革製品のメンテナンスは汚れや傷が酷くならないうちに行うほうが、長期に渡って良い状態をキープできます。その際、その革の種類に合った方法でメンテナンスを行わなければいけません。革製品を購入する時に、その製品のメンテナンス方法をよく聞いたり、説明書などをしっかりと読んでおく必要があります。革製品を購入する時に必要なメンテナンス用品も一緒に購入するのもよいでしょう。

メンテナンスで大事な道具ランキング

no.1

ホコリや汚れを取り除くブラシ

牛革といったバイカーズウォレットはバイク愛好家にとって、魅力的なアイテムです。そんなアイテムの良さを保つ為には、革専用の表面のホコリやごみなどを取り除くブラシは必要です。毛は馬の毛がおススメです。靴用のブラシを持っているかもしれませんが、バイカーズウォレットなど、手で触る物用のブラシも用意しておくとよいでしょう。革製品のお手入れには使えるので、1つくらい小物用のブラシもあってよいのではないでしょうか。

no.2

ミンクオイル

革製品の表面の油分を補ってあげるために、ミンクオイルを使いましょう。そんなに高い物ではありません。ほんの数百円で購入できます。バイカーズウォレット以外にも、普通の革製品を持っているのであれば、買っておいて損はないでしょう。スプレータイプ、クリームタイプとあります。使いやすいほうを用意したらよいでしょう。もちろん、両方あるほうが便利なことはいうまでもありません。

no.3

防水スプレー

革の靴を購入する時に防水スプレーをしてくれますが、あのスプレーも用意したいものです。雨降りの時にバイクで移動する場合は必要です。革は水分には弱いので、できるだけ、水分を含まないようにする必要があります。防水スプレーは旅の友でしょう。

no.4

蛇革など爬虫類の革のつや出しと防水スプレー

牛革や馬革などですと、ミンクオイルで油分を補ってあげればよいのですが、爬虫類の革はそれ専用のスプレーがあります。パイソンの革製品などをお持ちの方は、是非、この爬虫類用のつや出しと防水のスプレーを購入しましょう。つや出し、防水が1本になっているスプレーがあり、とても便利で使いやすいです。しかし、他にも良い物が見つかれば、それを使ってみてもよいでしょう。

no.5

クリームタイプのクリーナー

牛革や馬革、羊皮、豚革などに共通して使えるチューブに入ったクリーナーがあります。ほんの数百円で購入できます。軽い汚れはこれで拭き取れば、とてもキレイになります。直接革につけないで、いらない布などにクリーナーをつけてから使います。バイカーズウォレットなどよく手で触る物は、汚れていないと思っていても拭き取ってみたら結構汚れていたことに気がついたりしておもしろいです。

業者に依頼するか、自分でするか!メンテナンスの比較!

メンテナンスを業者に依頼する場合

革製品のメンテナンスを業者に頼むことのメリットは、大切なウォレットをうれしくなるくらいにキレイに蘇らせてくれることです。さらに、革の寿命まで延ばしてもらえます。それにより、革のエイジングを長くじっくりと楽しむことができます。これがまさに革製品を持つことの醍醐味でしょう。ただし、永久保証がついていても、無料での補修を保証されているのではなく、補修料金はかかります。永久保証というのは、修理の対応を永久にするという意味であることがほとんどだということを覚えておきましょう。

メンテナンスを自分でする場合

自分の大切は愛用品くらい自分でメンテナンスしたいという人も少なくないはずです。バイカーズウォレットをはじめ、革製品を自分で適切にメンテナンスができるのであれば、長く美しい状態をキープできます。自分と一緒に旅をして、エイジングをしている革製品を労わるのは、なかなか粋な趣味といえるのではないでしょうか。