革でできたバイカーズウォレットの特徴をチェック

馬革と牛革の比較

馬革の特徴

革の経年変化、いわゆる「エイジング」を楽しみたのであれば、馬革の「コードバン」と呼ばれる馬のお尻の部分の革がおススメです。この部分は、1頭の馬からたったランドセル2個分くらいしか採ることができないので、大変高価な革です。馬革にはその他に、「ポニー革」という、小型の馬から作られる物もあります。これは軽くて柔らかいので、扱いやすい革です。財布やバッグ、その他小物に使われることが多いです。さらに、「ホースハイド」というのもあり、これはひと昔前に、革ジャンパーによく使われていました。この部分もとても高価です。そして、馬の首周りから前足の部分は「フロントクオーター」といい、革ジャンパーなどによく使われます。

牛革の特徴

牛革はがっしりと重く、最も頑丈な革です。丈夫な革製品が欲しいならば、牛革が第1候補でしょう。ただ、硬めの革が多いです。牛革の製品を購入する場合は、実際に着用したり、使用した場合のことを想像して、フィット感や使い心地を確かめたほうがよいでしょう。牛革は財布以外にもバッグにとても多く使われています。また、国内産の牛革は「ジナマ」と呼ばれ、傷が少なくて上質なのですが、数が少ないです。

革製品で人気アイテム

no.1

バイカーズ革ジャン

バイク乗りならば、これには絶対に凝りたいというのがバイカーズ革ジャンでしょう。この革ジャンを着こなしたいから、バイクの免許を取得したという人もいるはずです。風を通さない革は、バイクで風を切って走っても、寒さを感じにく、見た目がバッチリなだけではなく、実用性もばっちりです。また、丈夫なので、バイクで転倒事故を起こしても、体を守ってくれる強い味方です。

no.2

財布(お札入れ)

自分の財産を持ち歩くための大切な入れ物であるお財布は使う人の個性をよく表すアイテムでしょう。できれば、良い財布を持ちたいものです。バイカーズウォレットには、頑丈で柄を楽しめたり、エイジングプロセスを楽しめる小粋な物がとても多いです。

no.3

ベルト

ベルトというのは、なくても困りはしませんが、なければないで気持ちが引き締まらない物ではないでしょうか。革のベルトというのは、プレゼントにしやすい物の代表ではないでしょうか。バイカーズのベルトはバックルが個性的な物が多いです。アメリカのバイカーズベルトなど、好きな人はとても好きです。年をとってもサイズがあまり変わらないようにするために、オーダーメイドのベルトを作ると素敵ですね。

no.4

バッグ

バッグには様々なデザインの物があります。バイカーズバッグも時代と共に人気のデザインが少しずつ変わっています。バイク乗りの中には、移動する距離や場所によって、何種類かのバッグを使い分ける人もいるでしょう。バッグはオシャレなバイカーズウォレットをはじめ、自分にとって大切なアイテムを入れるものなので、自分が使いやすい物でなくてはいけません。更に、個性を表現できる物であれば最高の持ち物となるでしょう。

no.5

小銭入れ

移動中にちょっとした飲み物を自販機で購入したりする時用には小銭入れが便利です。バイクで旅をしているうちに、小銭がたまってしまうこともあるでしょう。そういう時には小銭だけ入れておける小銭入れはとても便利です。必要以上に小銭をためないようにするには少し小銭がたまったら、その小銭から使うべきです。そのためには、小銭の出し入れがしやすい小銭入れは持って歩いたほうが便利です。

革でできたバイカーズウォレットの特徴をチェック

婦人

革の魅力

革の一番の魅力は、なんといっても見た目が豪華な感じがすることでしょう。新品の皮製品からは、皮の香りが強く漂う物も多いです。この高級感漂う皮独特の香りがたまらなく好きだという方も多いはずです。さらに、皮の最大の魅力となりますが、使い続けていくうちに、自然なつやが出てきます。それによって、世界にひとつしかないというオリジナル感が出てきます。皮は新品の時から使い古すまで、どの状態の時でも魅力的です。特に、バイカーズウォレットは思い出も一緒に刻んでいける一緒に時を刻んでいける丈夫な革が最高です。

耐久性ってどのくらい?

革の耐久性はその皮の種類、使い方、メンテナンスの仕方によって、大きく差が出ます。一番丈夫なのは牛革で、ライダーズ革ジャンなどはたいてい牛革で作られています。そして、バイカーズウォレットなど、日々使うことによってどんどん愛着が湧くような物は、擦り切れていてもずっと使う人もめずらしくありません。そのように考えると、革の耐久性というのは、単純に年数などでは言い表せないものだといえそうです。